鶴川シオン幼稚園のご案内

鶴川シオン幼稚園ではキリスト教を基に、感謝する心、思いやりのある心を養い、明るく元気で感性豊かな子どもひとりひとりを応援しています。

幼児期は、子どもの根っこを育てる大切な時期とシオン幼稚園は考えています。しっかりとした根っこが育っていれば、多少何があっても、木はすくすくと伸びていきます。根っこを育てるべき時に、花や葉を育てようとしても、意味がありません。しっかりとした根っこが育てば、自然に花や葉は育つものです。

豊かな自然が残されている同法人の農村伝道神学校のキャンパスに出かけ、四季を通じて与えられる神様の恵みを味わい、心身ともに開放され、五感を刺激され心豊かな体験をします。

シオン(zion)とは、旧約聖書に出てくる聖なる山の呼び名です。神様の守りと導きのもとで保育がなされることを願って「シオン幼稚園」と名づけられました。

enshoukai

鶴川シオン幼稚園のあゆみと農村伝道神学校キャンパス

1974年に学校法人の認可幼稚園として鶴川シオン幼稚園は誕生しました。

当初の園舎は、神社の境内を借りて建てられた平屋でしたが、2003年12月に新園舎となりました。耐震と35人学級5クラス対応の町田市の認可の建築です。

シオン幼稚園は鶴川駅から至近であり、周りは住宅街です。園庭は狭く感じられますが、子どもたちは園のバスで20分の農村伝道神学校の自然豊かなキャンパスで走り回ります。

 

農村伝道神学校の広いキャンパス

鶴川学院が運営する農村伝道神学校は日本基督教団の認可神学校です。

神学校とは、シオンの子どもたちが週に1.2回、お弁当を持って園バスに乗って出かけています。そこには、豊かな自然と季節が子どもたちを迎えてくれます。
子どもたちは神学校の自然に囲まて自分たちで遊びを見つけ、工夫し、楽しみを体感して、五感を培うことができます。

多摩丘陵の一角である町田市北部に位置する野津田の地に農村伝道神学校のキャンパスがあります。39,800平米の広さを有し、隣接する町田市立野津田公園と合わせて子どもたちがのびのびと遊べる自然が残されています。

町田市野津田の豊かな自然の中の神学校には実習農場、畑、竹林、栗林などがあり、シオン幼稚園の園児たちはこの豊かな自然に触れながら、すくすくと逞しく育ちます。


 

シオン幼稚園の保育方針につきましては以下のページも御覧ください。

サブコンテンツ

ページ先頭へ