2016年10月の園だより

10月の聖書のことば
「あなたがたは地の塩である」 マタイ5:13

園長 本田栄一

 

9月半ばから、台風を伴う長雨が続きました。ようやく、今週になって秋の気配がもどってきました。夏から秋への季節の移り変わりは子どもの目にどのようにうつっているのでしょうか。

533268
レイチェル・カーソンの『センス・オブ・ワンダー』に姪の息子といっしょに浜辺や森を散策した彼女のことばのなかに次のような一節があります。

「自然界を探検することは貴重な子ども時代をすごす愉快で楽しい方法のひとつにすぎないのでしょうか。それとも、もっと深い何かがあるのでしょうか。わたしはそのなかに永続的で意義深い何かがあると信じています。地球の美しさについて深く思いめぐらせる人は生命の終わりの瞬間まで、生き生きとした精神力を保ち続けることができるでしょう」

sioさて、10月の暗唱聖句はイエスの山上の教えのなかから選ばれています。
当時、塩はどのような効用をもっていたのでしょうか。食塩として用いられるほかに、防腐剤として食材の保存に欠かせないものでした。

死海から取れる岩塩はミネラルを含んだ良質の塩でした。古代ローマの世界では塩(sal)は兵士の給料としても配給され、そこから派生して兵士を意味する(soldier)になり、サラダ、ソース、サラミなどの食材の語源にも影響しています。古代世界で塩の効用は人間の健康維持にも不可欠なものとして扱われていました。
私たちが考える以上の効用や価値があると受け止められ、塩はあってもなくてもよいものではなく、生活資源として古代の人びとの必需品であったと考えられます。
このような背景から「あなたは地の塩である」という勧めを考えると、一人ひとりになくてはならない塩としての役割が与えられていることを指しているのではないでしょうか。一人ひとりの持ち味が集団生活のなかで尊重され、活かされるように願っています。

 

011279


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページ先頭へ