5月の園だより

〈5月の暗唱聖句〉
「神は愛です」(ヨハネの第一の手紙4:16)

園長 本田栄一

398941-2日毎に新緑の輝きが増し、ことりさんたちも慣れてきたようです。朝、別れづらくて泣いていたことりさんにも笑顔がもどってきました。その一方で4月から、お兄さん、お姉さん役を果たしている年長のそらさんたちも、一回りも、二回り大きく成長したように見えてきます。

ところで、熊本での大地震は再び、私たちに自然の脅威を突き付けています。
4月14日以降、熊本を中心として九州各地で地震が頻発しています。被災者の皆さまの生活が守られ、支援活動を続けている人びとが守られるように祈ります。

 

074004今月の聖句は「神は愛です」というよく知られた聖書のことばです。
この聖句は、聖書全体を言い表すことばとしてもよく引用されます。
聖書という書物が何を伝えているのか?神さまが私たちを愛しておられるということを一言で表すのがこの聖句に込められている意味です。
この愛(アガペー)ということばを、最初に聖書を日本語に翻訳しようとしたカトリックのバテレンと呼ばれた宣教師たちが、アガペーの訳語として選んだのは「ご大切」ということばでした。神さまは私たちを大切にしてくださる!アガペーというギリシア語の本来の意味にもっともふさわしい訳語です。
神さまがひとりひとりを守っていてくださることに感謝しましょう。そして、私たち大人も神さまに守られている

ことを覚えて、子どもたちをしっかりと受け止め、神さまからゆだねられた存在として大切にしていきましょう。

 

 

011279


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページ先頭へ