竹の樋で水流し(ゼリーも流れてきた!)

7月に作った竹の樋は、プールにてデビューした後も砂場の川遊びで大活躍しました。竹を切って削って樋の数を増やしていくと、遊び方もどんどん広がっていきます。子ども達はアイデアを出し合い、竹を置く場所や角度、水を流す量などを試行錯誤をしながら遊んでいました。そしてついに、全長7.9mの竹のウォータースライダーができあがりました。迫力満点です!

 

 

さて、たくさん遊んだ後は“ある計画”のために何日もかけて竹の整備です。節をトンカチとノミで削り、ささくれや汚れをヤスリで磨きます。その姿はまるで竹職人!

 

 

ある計画…それは竹の樋を使ったゼリー流し!!流しそうめんの要領でカップゼリー(や、時々どんぐり)を流します。この日のために竹をきれいにし、楽しみにしていた子どもたち。久々の暑さの中、絶好のゼリー流し日和でした。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページ先頭へ